無駄を減らし 環境保全に貢献する MB クラッシャー

国が推進する「グリーンインフラ」の取り組みについて。MB にできること。

今年、11 月 17 日と 11 月 28 日に「グリーンインフラ」の取組推進に向けたセミナーが国土交通省により開催されます。 セミナーは、グリーンインフラの概念について理解を深めるとともに、地域づくりにグリーンインフラをどのように活用していくのかを考える場になるようです。

平成 27 年度に閣議決定された国土形成計画、第4次社会資本整備重点計画では、「国土の適切な管理」「安全・安心で持続可能な国土」「人口減少・高齢化等に対応した持続可能な地域社会の形成」といった課題への対応の一つとして、グリーンインフラの取組を推進することが盛り込まれました。

コマツ PC118 に装着された MBバケットクラッシャーBF60.1 S4
コマツ PC118 に装着された MBバケットクラッシャーBF60.1 S4

自然が有する多様な機能を活用する「グリーンインフラ」の取り組み。私たち MB にできることは何でしょうか。

実は、この課題は MB の原点に遡ります。なぜなら、MB は、不要なものを価値に変えることを目的として アタッチメント を製造してきたからです。

キャタピラー320L に装着された MBスクリーニングバケット MB-S18 S4
キャタピラー320L に装着された MBスクリーニングバケット MB-S18 S4

解体工事や掘削工事等で発生する廃材は、MB バケットクラッシャーで破砕されることで、再利用可能な資材に生まれ変わることができます。そのままでは利用価値がなく、逆にコストをかけてまで廃棄処分される運命にあった物が、再資材としての命を吹き込まれるのです。

MB の利点は、現場で発生したコンクリート塊等を破砕し、その場で再生砕石を製造し現場内での利用が可能なこと。ダンプによる資材の搬出搬入が不要となり、環境保全にもつながります。

4 トン〜10 トンクラスの油圧ショベルに取り付け可能な バケットクラッシャーMB-C50 S2 から、75 トンクラス以上の大型油圧ショベルに装着可能な BF150.10 まで各サイズ揃っています。用途や使用油圧ショベルの機種、あるいはスペースの広狭に応じて、適切な機種をご使用いただけます。

キャタピラー320L に装着された MBスクリーニングバケット MB-S18 S4
キャタピラー320L に装着された MBスクリーニングバケット MB-S18 S4

破砕材、あるいは土や石の混ざった混合材などは、MB スクリーニングバケット によってふるい分けられることで、用途別の仕分けが可能となります。砂利や砕石も MB スクリーニングバケット で選別・洗浄することにより、質の良い資材に生まれ変わります。

また、中間処理施設でのガレキのふるい分け作業等にもご活用いただけます。

MB スクリーニングバケット は、4 トン〜8 トンクラスの油圧ショベルに取り付け可能な MB-S10 S4 から、35 トン〜50 トンクラスの油圧ショベルに装着可能な MB-S23 まで各サイズ揃っています。

Link Belt 210 に装着された MB スクリーニングバケット MB-S18 S4

MB アタッチメント のメリットは、作業の効率化やコスト・時間削減だけではないことをご理解いただけましたでしょうか。

自然が有する多様な機能を活用する「グリーンインフラ」への取り組み。 私たち MB と共に、無駄を減らして不要なものを有効利用しませんか。

出典:「グリーンインフラ」国土交通省ホームページ」

出典:「グリーンインフラ推進セミナー」」国土交通省ホームページ」

出典:「グリーンインフラストラクチャー~人と自然環境のより良い関係を目指して~」(国土交通省) を加工して作成



関連記事