国産の農産物とMB


おいしい国産の農産物が食卓にのぼるまで ー MBにできること

いきなりですが、国産の野菜や果物はおいしいですよね。特に旬の農産物は多少値が張っても手を出してしまいます。

さて、昨年末(平成30年12月25日)、農林水産省が平成29年の農用地区域内の農地面積を取りまとめ、発表しました。

この発表によると、平成29年の農用地区域内の農地面積(平成29年12月31日現在)は、全国で401.8万haだったそうです。平成27年12月に変更された「農用地等の確保に関する基本指針」では、2025年時点で確保すべき農用地区域内の農地面積の目標は403万haとなっています。

今、日本では農水産業、建設業、製造業など様々な分野で人手不足や生産性向上が喫緊の課題となっています。

そこで、MBからの提案です。

MBスクリーンバケット や MB バケットクラッシャー を使って、コストと時間の削減を図り、生産性を向上させませんか。

例えば、農地の除礫作業。

スクリーンバケット MB-S14 S4 を9トン〜20トンの油圧ショベルに取り付け、選別作業を行います。石や礫が混ざった土をスクリーンバケットですくい込み、ふるい分けます。

作業を行うのは、油圧ショベルを運転するオペレーター1人だけ。アタッチメントの交換もメンテナンスも一人で容易に行えるよう設計されているため、コストのみならず作業時間の大幅な削減が可能です。

クボタKX080-3に取り付けられた スクリーンバケットMB-S10
クボタKX080-3に取り付けられた スクリーンバケットMB-S10

上記画像のスクリーンバケット MB-S10 S4 は、4トン〜9トンの小型油圧ショベルに対応しています。小さいながらも性能は抜群です。

MBは スクリーンバケット や バケットクラッシャー を提供し、優良な土壌そして農地を確保するお手伝いを致します。

農家の皆さんの大変なご苦労があってこそ、国産のおいしい農産物が私たちの食卓にのぼるのですから、MBにできることは是非 MB にお任せください!

出典:「平成29年の農用地区域内の農地面積について」(農林水産省)   平成29年の農用地区域内の農地面積について」(農林水産省)

出典:「農用地等の確保等に関する基本指針」(農林水産省  農用地等の確保等に関する基本指針」(農林水産省