| 商品紹介 | 寸法 | 配管条件 | 処理能力 | 油圧ショベル | 適応分野 |

MB-C50 S2

MB-C50 S2 バケットクラッシャー: 4~10 トンクラスの油圧ショベルに取り付け可能なバケット型クラッシャー。 解体、道路工事、鉱山や陸地造成に最適。
MB-C50 S2 バケットクラッシャー

MB-C50 S2 バケットクラッシャー

寸法

MB-C50 S2 バケットクラッシャーは 全長×全幅×全高 1230 x 1000 x 800 ミリ。

ブラケットを含まない質量は 750 Kg。

投入口サイズは全幅×全高 600 x 250 ミリ。シムによる破砕調整範囲は15~70 ミリ 。

バケットの荷重量は0.25 ㎥。

MB-C50 S2 バケットクラッシャー

MB-C50 S2 バケットクラッシャー

寸法 MB-C50 S2
全長 (ミリ) 1230
全幅 (ミリ) 1000
全高 (ミリ) 800
質量 (kg) 750
投入口全幅 (ミリ) 600
投入口全高 (ミリ) 250
最大容量 (㎥) 0.25

配管条件
MB-C50 S2 hydraulic requirements

MB-C50 S2 を稼働するにはイン、 アウト、 戻り管の3本のホースが必要です。

ショベルの最大戻り圧力が10bar以下であれば、インとアウトの2本配管でもお使いになれます。

MB-C50 S2 の推奨油圧ショベルは油圧配管が必須条件です。

MB-C50 S2 をお使い頂く際の設定は、オイルフロー最小限値は 90 l/min、圧力は 200 barです。 MBテクニカルサポートが流量計を使って設定も行いますのでご安心ください。

寸法 MB-C50 S2
オイルフロー最小限値 (l/min) 90
オイルフロー最小限圧力 (bar) 200

処理能力

MB-C50 S2はコンクリート、自然石、ガラスのサイズを小さく破砕します

一時間あたりの処理能力は≤ 10 ㎥ / 時間 (コンクリートの比重を1.5 トン / ㎥とした場合、一時間の処理能力は≤ 15 トン / 時間 となります。)処理能力は、骨材の投入サイズと排出口の設定値、湿度、土の含まれる量等により変動します。

一時間あたりの処理能力をあげ、刃やパーツの消耗をなるべく遅くするには、投入する前に小割をしておくことが最適です。解体現場から発生するコンガラには土、砂利等の破砕しなくても済むものも含まれるからです。

MBスクリーンを破砕活動の前にお使い頂くとより効率的に破砕ができます。

寸法 MB-C50 S2
モデル MB-C50 S2
最大処理能力 (m3/h) 10
最大処理能力 (ton/h) 15

油圧ショベル
MB-C50 S2 excavator

MB-C50 S2を使用するにあたり、取り付け油圧ショベルは配管付きでなくてはなりません。また、吊り上げ荷重と十分な機械質量も質量です。推奨ショベルクラスは 4~10 トン です。

ご使用前には、ショベルの吊り上げ荷重と機械質量をお確かめください。

MB-C50 S2 は国内メーカーすべての油圧ショベルに取り付け可能です。


適応分野

MB-C50 S2 バケットは解体現場、道路工事、リサイクルセンター、掘削作業、鉱山等で使われています。





問い合わせ

お問い合わせください。

このリンクをクリックして全ての製品に関する情報、取り付け方法、MB技術をご利用になりたい、出来る限りの節約方法、お見積り、デモ、サービス等、何でもお問い合わせください。私たちはお客様に貢献出来ることを誇りに思っております。