企業

企業理念

粘り強さ、情熱、 そしてチームスピリット。 これらが私達の理念です。 廃材を破砕・選別し、 それに付加価値を与え世界中のお客様に利益とソリューションを提供します。

MB ジャパン 株式会社 (MB ジャパン) はイタリア本社 MB SPA の子会社(日本法人)です。 日本で唯一、MB 製品を輸入しています。

日本のお客様に MB 製品をより広く知って頂き、技術面、アフターサービスの面で満足して頂けるサポートをお届けする為に MB ジャパン 株式会社 は設立されました。また、MB ジャパンは MB 製品を含む様々な商品やサービスを提供しています。

MB SPA


本社 MB SPA が、掘削・道路工事・砕石場・鉱山・解体工事等から採掘された資材の破砕機の開発を始めたのは 60 年以上前のことです。従来の固定式クラッシャーから、もっと気軽にどこにでも持ち運べる、油圧ショベルに直接取り付け可能な従来のクラッシャーに劣らない能力を持つ製品を生み出したい、という思いが世界初の特許を得たバケットクラッシャーを誕生させました。

saldkajs

MB は常に「改革」を意識し、10 年余りの間に、ユーザーの利益増加の可能性を提供し、技術的・経済的ニーズに迅速に対応することで、あらゆる条件下での破砕方式を根本的に改革することに成功しました。

お客様満足度は MB が最も重要とする点です。販売の各段階で研究・調査に最新の注意を払い、世界のどこにでも適切かつ迅速なアフターサービスに努めています。

小さな家族経営の企業から国際企業へと成長し、MB は現在の地位を確立しました。北イタリアのヴィチェンツァで誕生し、現在も本部を置きます。6 ヶ国に支店を構え、世界各地の特約店と指定工場とのネットワークにより、世界中で MB の商品を手にすることができます。

MB のもう一つの強みは、その企業経営にあります。総面積 17,000 ㎡を超える新設の本社内では、設計・製造工程から販売まで、全工程にわたり一貫管理が行われています。経路を完全に把握することで、メイド・イン・イタリーの最高品質を保証します。

さまざまなアイディアを提供し明日の作業現場を変えるために、MB は常に前を向き、新しい装備品やツールの開発を通して、未来に自らを投影させます。

沿革

1954 年イタリア北部の小さな都市ヴィチェンツァで、アッゾリン家の先代カルロ・アッゾリンは土木建設事業をスタートしました。

saldkajs

道路工事を通じてアッゾリン カルロ氏は現場で直接、作業が出来る持ち運びが可能なバケットクラッシャーを開発しました。

その後、2001 年にアッゾリン カルロ氏の息子達であるファウスト、レナート、グイード、ディエゴそしてカルラが引き継ぎ起業して生産体制を構築していったのです。

世界の MB

ご意見をお聞かせください。

MB のカスタマーサービスは製品同様に高品質です。製品に関するお問い合わせやご意見を是非お聞かせください。

MB Crusher Network